格安スマホって安くなるって言われてるけど、格安スマホに変えている人って以外と多くないよね
やっぱり安いだけあって何かありそうじゃない?ちょっと面倒そうだし。
いざやってみると、意外と簡単だよ!しかも今まで月7,000円くらい払っていたのが毎月2,000円以下になっちゃった!
そんなに安くなるの?!じゃあやらなきゃ!

実際どれくらい安くなるの?

なにはともあれ、実際の請求額を大公開!こちらが1ヶ月のスマホ代金になっています。

LINEモバイル(SOFTBANK回線)を利用していますが、最初の1年は「スマホ代300円キャンペーン」で毎月900円の割引が適用されているので1ヶ月のスマホ代金が1,233円となっています。

ちなみに、毎日通勤40分ほどの電車通勤の往復でAppleMusicを聴きながらWebを見たりSNSを見たりスマホを普通に使っていて(約2.5GBのパケット利用)の価格です。

以前はauで契約をしていたのですが、同様に3Gのデータ「定額データ定額3(3GB)(スーパーカケホ)」に留守電オプションを付けて毎月7,000円〜8,000円程度の携帯代金(端末の割賦代金抜き)だったので、劇的にスマホ代金の節約に成功しています。

一人で毎月5,000円近くの月額削減が期待できるので家族全員変えれば効果は絶大です。例えば一家4人として全員が同条件で切り替えたら毎月2万円以上の経費節減が期待できますね!

MNP対応で電話番号はそのままで変更可能

格安スマホに乗り換える際はMNPにも対応していますので、今まで使っている電話番号のまま格安スマホに乗り換えることができるので安心です。ただし、メールアドレスは新しいキャリアに引き継ぐことができないので注意しましょう。

こんな人はいますぐ切り替えの検討を!

格安スマホに変えるタイミングで従来からのメールアドレスが使えなくなったりするデメリットもあったります。そこで、格安スマホに変えてメリットが出そうな人のポイントを紹介します。条件にあっている人は切り替えても問題ないと思うので今すぐ切り替えの検討を始めましょう。

携帯メールアドレスを変えても大丈夫な人

格安SIM提供業者は契約してもメールアドレスを発行してくれないところも結構あるので、格安に切り替えるタイミングでgmailやicloudなどのメールアドレスに変えるのが一般的です。もっとも、今時はメールを使っている人も随分減って、LINEなどのSNSに移行しているので問題ない人も多いと思います。(もちろん格安スマホに変えてもLINEは今まで通り使えます)

メールアドレスが、今までの携帯アドレスからGmailやicloudに変わって問題なければ格安のキャリアに変えてもあまり困らないと思います。

毎月のパケット利用量が3G以下の人

毎月のパケット利用が3GB以下の人だったらほぼ間違いなく格安スマホに変えれば月額は大幅に安くできます。しかも3GB以下のプランを提供している会社の中には通信品質が良い会社もあるので、それらの会社を選べば快適な通信ができ、今までのキャリアと使い勝手はほぼ変わりません。

特定のサービスしか使わない人もメリット大

毎月3〜6GBの利用であっても業者によっては安いプランを提供している業者もあります。また、毎月結構パケットを使っているけど、ほぼSNSしか使っていない人とか、YouTubeなどの特定のサービスでパケットを使っちゃっている人などは特定のサービスの利用はパケット消費のカウントから除外する「ゼロカウント」サービスを提供している業者を利用することで大幅にスマホ代を節約できます。

今使っているスマホをそのまま利用可能

格安スマホに切り替える時、お使いのスマホはそのまま利用できるケースが多いので安心です。

古いスマホでない場合(例えばiPhone6S以降)は「SIMロック解除」ができるので「SIMロック解除」を行なえば全てのキャリアの電波が受信できるようになるのでどこの会社に変えても利用可能です。

Android携帯の場合メーカーや機種が多数あるので「SIMロック解除」可能かどうかはキャリアのホームページ等で確認が必要ですが、最近の携帯だったら大抵問題なく「SIMロック解除」できるはずです。ただ、Androidの場合は全てのキャリアの電波の周波数に対応していない機種もあったりするのでちょっと古い機種を利用している場合は現在利用しているキャリアと同じ回線プランを選ぶのが無難かもしれません。(対応機種等は各業者のホームページ等で確認できます)

格安SIMへの乗り換え手順(MNP転入の場合)

WEBで申し込めば自宅で簡単な手順を踏めば乗り換えが完了します。普通にスマホが使うことができる程度の人であれば説明書も付いてくるので比較的簡単に乗り換えることが可能です。万一わからなけらば電話サポートや対応店舗でサポートしてもらうことも可能です。

乗り換え手順
  1. 移転前携帯電話会社のホームページからSIMロック解除を行う
  2. 移転前携帯電話会社からMNP予約番号を取得します。
  3. MNP予約番号が発行されたら乗り換え先の業者に申し込みを行います。
  4. SIMが送られてきたらWEBか電話で利用開始手続きを行います。この手続きを行うまでは移転前携帯電話会社の通信ができます。
  5. 新しいSIMカードを携帯電話にセットし、設定を行います。
  6. しばらくすると開通が完了し通信できるようになります。同時に移転前携帯電話会社は自動的に解約となります。

 移転先の携帯電話会社に申し込みを行ってからSIMカードが届くまでに時間がかかる可能性があります。月末までに乗り換えを完了させるのであれば余裕を持った期間でMNP予約番号の取得と申し込みを完了させましょう

通話品質は大丈夫?

通話エリアは大丈夫?

格安スマホの業者はドコモ、au 、Softbankのいずれかの業者から回線を卸してもらい、その回線を再販する形でサービスを提供しています。ですので、通話ネットワークはドコモ、au 、Softbankのものを使いますので通話エリアは再販元の通信事業者と変わりません。ただし、au回線利用業者に関しては4Gネットワークだけを利用しているところが多いので3G回線でカバーしていたエリアは電波が弱くなる場合があり得ます(実際au回線の格安SIMを利用したこともありますが特に気になるレベルではありません。)

通信速度は遅くならない?

確かに昼12時ごろの時間帯は利用が一番集中して遅くなることもあります。それは格安になればなるほど遅くなる可能性が高くなります。ただし、キャリアのセカンドブランドであるUQモバイルやYモバイルは全く問題ない速さを維持しています。また、LINEモバイルなどは最高速こそそれほどでませんが、混雑時の落ち込みも少なくなるよう努力しており実際使ってみると遅い印象はあまりありません。これで相当安くなるなら十分、といったところです。

おすすめの記事